おしゃれに困っている30代女子はこの本でファッションレベルを上げよう!#オススメ本の紹介




自分なりにファッションに気を使っているつもりだけど、気づけば20代の頃よりはメイクも洋服も、ちょっと手抜きをすることを覚えたような・・・。「あれ?おしゃれって何でしたっけ?」そんな状態になっていませんか?

人は時間とお金を費やしたものに対して、スキルや知識が身につくように出来ている。

仕事に時間とお金を費やしたら、仕事で周りより結果を出せる自分になっているだろうし、美容に興味関心があって運動して食べ物に気を使っている人たちは、やっぱり綺麗。建築の勉強したら、建築に詳しくなるし、ITの勉強したらITに詳しくなるもんね。

じゃあ、ファッションは!?

誰もが毎日服は身につけるし、やっぱり女性はいくつになっても綺麗でいたいもの。そう考えたら、ファッションに対するアンテナを常に張っておくことは、もはや女性の義務でしょう!!

ということで、今日は、おしゃれしたいけど、イマイチ自分のセンスに自信なない30代女子にオススメのファッション本をご紹介します。

K.K closet〜スタイリスト菊池京子の365日 spring-summer〜

最初に言っていきますが、ファッションのアンテナが折れている30代女子とは、まさに私のことでした。

20代の頃(特に大学生の時)は、毎日CanCamとJJの雑誌を見て、下手すると、ファッション代に月7.8万も費やし、いわゆる女子らしい服装が好きだったのに、仕事始めて、営業職というスーツを着る職業に就いて、更に30代になって発言にも責任を増すようになってくると、

*おしゃれよりも自己投資にお金と時間を割き始める
*可愛いより賢い(スマート)な服を選ぶようになる
*無難な黒・白・ベージュばっかりを選ぶようになる

こんな感じで、どんどんオシャレから遠ざかっていったのでした。

で、これじゃマズい!!と一念発起して買った本がこれ。

K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Spring – Summer

スタイリスト菊池京子さんってどんな人?

菊池京子(キクチキョウコ)。
気のきいたベーシックスタイルから、トレンドのコーディネートまで、幅広いスタイリングでリアルクローズの魅力を最大限に発揮する大日記スタイリスト。女性誌や広告を中心に活躍し、掲載されたアイテムは次々に完売するなどいくつもの逸話をもつ。(K.K closetより抜粋)

細かい経歴やキャリアはよく存じ上げていないのだけど、とにかく本に出てくるコーディネートも、ブログに掲載されている毎日のコーディネートも、おしゃれ、オシャレ、お洒落なの!!!

K.K closetのオススメなところ

1、シンプルコーディネートが多いとこ

ファッションセンスを鍛えて、おしゃれになりたくても、流行アイテムをバリバリ使っている本だと参考にしにくい。その点、K.K closetは、選んでいるアイテムがベーシックなものが多い!!出版されたのが2014年なのに、全然色褪せてる感じもないし、今シーズン来たい!と思う着回しばっかり!

流行に左右されない着回しを身に着けたい人には特にオススメです。

2、毎日のコーディネートが載っているから着回しの勉強が出来る

イマイチおしゃれじゃない人の共通点って「着回し力」だと思うのは、私だけだろうか?ほら、おしゃれな人って、別にアイテム数が多いわけではなくて、少ないものを合わせるセンスに長けているというか、そんな感じしません?

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~」でも、まさにそんなことが書いてあったような。

このK.K closetで人気スタイリスト:菊池京子さんの着回し力を写真で見ることが出来るから、見ていると、「あれ?これだけのアイテムでこんなに毎日違った雰囲気に着こなせるの?」とびっくりします。もう、そっくりそのまま服買って、毎日スタイリング通りに服を来てしまいたいくらい(笑)

3、たった1,500円でファッションへの自己投資が出来る

ファッション同行や、スタリングサービスも、増えてきている今日この頃。そういったサービスに自己投資して、自分オリジナルのアイテムをプロに選んでもらうのも、ファッションセンスを上げる近道としては正解でしょう。

でも最初の一歩が、なかなか勇気が出ない。そんな方にこそ、K.K closetをオススメしたい!だって本のお値段1,500円だから!1,500円でプロのコーディネートを見て、勉強して、真似して、センスが上がるんだとしたら、この投資って、効果的じゃないですか?

最近の私はバッグの中に入れて、思いついた時に本の中をパラパラ見て、自分のファッションに対するアンテナとセンスを磨くように心がけています。

K.K closetの中身をちょっとちら見せ

なんか分かります?このオシャレな感じ!!

使っているアイテムの色も基本ベースカラーで流行に左右されない感じだし!!

綺麗めもカジュアルも幅広くコーディネートが載ってて、めっちゃ参考になります!!

まとめ

K.K closet、春・夏バージョン以外に、秋・冬バージョンのオススメ。

K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Autumn-Winter

そして、ファッションにアンテナを張って必ず陥ること。それは、「あ、もっと体型を整えよう」と思うことです。スタイリングをイメージして試着してみると、自分が身に着けた途端に、急におしゃれに見えなくなるって、きっと誰もが経験したことがあると思う。

ファッションセンスとともに、美容に対する興味関心も高まってきたら、体型に一緒に整えていきましょう。

私自身、絶賛取り組み中です(笑)

この記事を書いた人

三浦綾子。web集客プランナー。13年半の会社員生活を経て独立し、現在は起業したい女性を対象にした起業サポートと、個人・法人向けにWEB集客、メディア運営のアドバイスにて事業を展開。横浜・みなとみらいエリアにマンションを購入し、大好きな土地でのライフスタイルを実現している。
▷OFFICIAL SITE:http://ayakomiura01.com










https://www.facebook.com/jyoshitoku01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

web集客プランナー。13年半の会社員生活を経て独立し、現在は起業したい女性を対象にした起業サポートと、個人・法人向けにWEB集客、メディア運営のアドバイスにて事業を展開。横浜・みなとみらいエリアにマンションを購入し、大好きな土地でのライフスタイルを実現している。