30代女子にロールモデルは要らない




私たち女性は男性以上に、未来に起こることを推測し、起きていないことに心配をし、行動を止めてしまう癖がある。

だから、理想の生き方・働き方をしている、女性の「ロールモデル」が欲しい。

そう思う人は多いのではないだろうか?

単刀直入に言います。

もうロールモデルなんて要らなくない!?

20代にはロールモデルが必要

学校のカリキュラムを卒業して、就職をして、社会人になる。この流れは、日本人における一般的な社会に出る道の歩み方だろう。

社会に出た20代は、まさに迷う時期。

何故なら、今まで全員同じように、中学から高校に進み、高校から大学に進み、という流れで歩んできたのに、20代になって初めて友達と違う道を歩み始めるから。

・若いうちに結婚をして、出産をして、20代で子育てに集中する人もいるだろう。
・結婚して、DINKS世代として、旦那さんと共働きでバリバリ仕事をする人もいるだろう。
・一度就職したけれど、夢を追いかけたい!と仕事を辞める人もいるだろう。
・自宅で両親と暮らしながら、仕事よりも趣味の時間を大事にする人もいるだろう。

まぁ、とにかく24時間の使い方に個性が出てくるのが、20代。

だから、悩む。

・私はこのままの働き方でいいんだろうか?
・こんなに仕事ばっかりしてたら結婚出来ない気がする
・子育てしている間に子育てをしていない友達に先を越されている気がして怖い

だから、無理をする。
だから、ロールモデルを探す。

私の選択はこれでいいんだ!って安心感が欲しい。

だから20代はとことん悩んだらいいし、色んな人を見て、今まで考えたこともなかった選択肢を自分の中でOKにしてみたらいいと思う。

会社をズル休みしたことが一度もないならしてみたらいいし、何事にもイエス!と言って生きてきたなら、NO!と主張してみたらいい。会社以外の繋がりを作るために外の世界にもっと触れてみたり、副業はじめてみたり、豪華な海外旅行に行ってみたっていい。

選択肢を知ることで「私はこうしたい!」が見えてくるはずだから。

30代女子は自分オリジナルの生き方をつらぬけ!

でも30代に入ると、ちょっと状況が変わってくる。いつまでも「ロールモデル」を探していると、正直痛いです(笑)

だって、結論、ロールモデルっていないから。理想に近い人はいるとけれど、結局は一人ひとり個性があって、違う人間で、同じ人生を歩む人なんて一人もいないわけだから、「私のロールモデルはこの人!」っていないんですよ。

自分の歩む道は自分で決めて、腹をくくって、自分の選んだ選択肢を正解にしていくような生き方をしていくしかない。それが、結果的に、納得のいく充実した人生になるわけだから。

現在37歳の私も、まさに20代後半の頃は、一生懸命ロールモデルにしたい先輩を探していました。社内を見渡してもいなくて、で、諦めて外に出て、その時に「女性が起業をする」という選択肢を知り、今の自分を作るきっかけになったわけなんですが、当時を振り返る、外に答えを求めに行っていたように思います。

きっと、外に答えを求めるって、当時は必要なことだったんだと思うけれど、結局、外に答えはなくて、答えは自分の足元に合った・・・(唖然・・・)。ってことに気づくのに、確か6年くらいかかった記憶があります。

まぁ、長かった。

でも、今は、ロールモデルは探していません、だって、私はわたしだから。

もちろん、

・この働き方素敵だなー
・こんな風貌の女性、いいわー
・あれ?その仕事って楽しそう!

というように、日々「良いな!」というアンテナに反応する人やモノや出来事と遭遇することはあるけれど、ロールモデルを探しているわけではなく、自分がより良い生き方をしていくために、素敵なものを見つけたら、「真似させていただきますー」と、取り入れさせていただいている、そんな感覚です。

この記事を読む女子トクレディーの皆さまへ

ロールモデルは外にはいない。
自分の人生のロールモデルは未来の自分。

20代のうちにたくさんの選択肢を受け取ったなら、そこから理想の自分をイメージして、理想の自分になりきって今の自分を生きたらいい。

30代女子にロールモデルは要らない。
ロールモデル探しはそろそろ卒業しましょう。










https://www.facebook.com/jyoshitoku01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

web集客プランナー。13年半の会社員生活を経て独立し、現在は起業したい女性を対象にした起業サポートと、個人・法人向けにWEB集客、メディア運営のアドバイスにて事業を展開。横浜・みなとみらいエリアにマンションを購入し、大好きな土地でのライフスタイルを実現している。