29歳の憂鬱〜東京:三軒茶屋在住、OL大崎ハルナの話〜最終話




6ヶ月後。

2018年4月。

「大崎マネージャー!
もう会議始まるよー!!」

「あ、はい!今行きます!!」

大崎ハルナは、
今まで勤めていた会社のオフィスに居た。

会社の中での肩書は、
マネージャー。

廣田部長から打診があった通り、
2018年1月から晴れてマネージャーになって、
今では5名の部下を抱える管理職となった。

ハルナの誕生日は6月。
今年あと数ヶ月したら30歳になる。

29歳でマネージャー職に就くのは、
女性では社内の中で1,2を争うスピードだったらしい。

まぁハルナが優秀だったのか、
世間の女性活躍推進という波で、
チャンスがたまたま巡ってきただけだったのか、

まぁどちらにしても、
ハルナの人生を変えた出来事には
間違いなかった。

半年前と今、
ハルナにとって大きく変わったことが、
もうひとつあった。

それは、
今、仕事に夢中だということ。

恋人だった崇史とは、
残念ながら別れた。

別れを決意したのは、
崇史のほうが先だったのか、
ハルナのほうが先だったのか、
今となってはよくわからない。

ただ、
あの日居酒屋で、
ビールを片手に崇史が呟いた、

「ハルナ、その仕事受けたいの?」

という言葉は、
ハルナは一生忘れないと思う。

あの言葉は、
暗に俺についてきて欲しいという
声のニュアンスだった。

そして、
崇史にはそんなつもりは
なかったかもしれないけれど、

ハルナには、

「そんなに働くの?」

と言われているように聞こえた。

その時、明らかに自分の
テンションが下がったのがわかった。

だから、
それ以降のことは、
実はよく覚えていない。

何がきっかけで、
崇史とあまり連絡を取らないようになったのか、

何がきっかけで、
自分の中で関係が終わったと
判断をしたのか。

よく覚えていないが、
でも、崇史との関係は終わった。

29歳、大崎ハルナ。

今では早く30歳になりたくて仕方ない。

何故って、

周りから未だに
結婚の心配をされるからだ。

後輩のあつ美も、
先月会社を辞める時に、

「せんぱーい、結婚諦めちゃダメですよ!」

って、なんだか慰めモードだったし(笑)

未だに学生時代の友人たちは、
ハルナの結婚のことを心配している。

決めたんだ。
一回仕事に集中してみようって。

だから、
外野の声が少なくなる
30歳に早くなってしまいたい。

人生を重ねると、
オンナは3つのタイプに別れる。

一つ目は、独身者。
二つ目は、既婚・子供なし。
三つ目は、既婚・子供あり。

ハルナにとって、
そんなラベルはもう必要なかった。

だって、自分で生き方を決めたから。

あなたにとっての、
自分で決めた生き方とは
一体どんな生き方ですか?

今自分で決めた人生を
胸を張って歩めていますか?

私たちの人生において、
当たり前なんて存在しないし、

普通とか、一般的も、
全くもって存在しない。

オンナが29歳までに結婚も、
自分がそうと決めたらそうなるし、
違う生き方を選択したならそれでいい。

今読んでいる皆さんにとって、
ハルナの葛藤や決断が背中を押すヒントになったら、
作者としてとても嬉しいです。

29歳の憂鬱〜東京:三軒茶屋在住、OL大崎ハルナの話〜
作者 三浦綾子










https://www.facebook.com/jyoshitoku01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

web集客プランナー。13年半の会社員生活を経て独立し、現在は起業したい女性を対象にした起業サポートと、個人・法人向けにWEB集客、メディア運営のアドバイスにて事業を展開。横浜・みなとみらいエリアにマンションを購入し、大好きな土地でのライフスタイルを実現している。