アラサーが上京して夢を叶えたっていいじゃない!?29歳上京ストーリーVol.01




アラサー、29歳、
地方生まれ、地方育ち。
生まれて一度も地方から出たことがない。

なんとなく、こういうWEBマガジンに出てくる女子は、東京か、もし他の場所でも、大阪・名古屋・福岡といった有名な地方都市にいる女子たちが主人公になることがほとんどで、

あまり陽の目を見ない地方の女子が主人公になることは少ないのではないでしょうか?

でも実際には、地方で生まれ、地方で育ち、そのまま地方で働いている女子がたくさんいることも事実。

そんな地方に住む30代女子に向けて、今回の連載記事を書いていこうと思います。

石川県生まれ、石川県育ち。29歳で思い立って東京に上京したわたしの話し。

今は大都会「東京」に暮らしている私。

でも、大学から東京に引っ越してきたとか、就職と同時に東京に引っ越してきたとか、そういう経歴ではありません。地元石川県で就職し、27歳のときに、「上京したい!」と思い描くようになり、なんと、30歳手前の29歳で、上京し、起業をしたというのが、わたしの経歴。

そんな話しをすると、

「その年齢でよく踏み切ったね。怖くなかったの?」という質問を必ずいただきます(笑)

そりゃそうですよね。

10代や20代前半なら、怖いもの知らずで勢いで行動できるけれど、30歳が近づいてくると、色んなことに対する固定概念が生まれてしまうし、周りも結婚したり、出産したりと、今から何かをチャレンジする人たちも減ってくる。

そんな環境の中で、「えいや!」で、慣れた仕事も慣れた土地も離れて、上京し、起業するという道を選んだわけなので。

そんな経歴があるからこそ、地方で自分のやりたいことに蓋をしている人や、私の人生こんなもんだよねって思っている人に、今からでも遅くない!ってことを、伝えたいと思って、この記事を書いています。

・本当はやりたいことがある
・本当は上京したいと思っている
・諦めたくない夢がある

なのに、「この年齢ではもう遅い。。」そう思っていませんか??

アラサーで地方から上京するのは本当にハードルが高いのか!?

アラサー女性が上京を考えた時、
まず気にするのが、「年齢的に、上京はもう遅いのではないか?」ではないでしょうか。

20代前半の大学進学、就職などが、上京に踏み出す初めのタイミング。年齢的にもやりたいことに挑戦しやすいです。

次に、転勤、結婚などのタイミング。アラサー世代でも、これらのきっかけがあれば、ためらわずに上京に踏み出せます。

でも、年齢を重ねるに従って、

・慣れ親しんだ環境から離れること
・これまで積み上げてきたキャリアを捨てること
・地元で結婚、出産をして行く友人と真逆の行動をとること

こんな風に今いる環境を捨てることにためらいを覚えてしまい、「上京したくても上京できない」と、中々新しい行動に踏み出せない方が多いのではないでしょうか。

私もそのひとりでした。

新しいチャレンジって怖いですもんね。しかも、地方はどうしても都会よりも、固定概念に縛られていたり、噂話が回るのが早かったりと、自分の身の振り方を身構えて考えてしまう。そんな傾向もあるのかもしれません。

でもね、胸に手を当てて、自分に聞いてみて欲しいんです。

「本当は今いる場所にいたいの?上京したいの?あなたはどうしたいの?」って。

いくつになっても自分の直感に素直に従おう。直感こそが「上京」を決意するきっかけになる

私は、27歳の時に転職をしたタイミングで、「東京でアパレルの仕事をしてみたい」という気持ちになりました。でも、その時は、「知らない土地に行くのが怖い」「地元にいた方が安心」という恐怖心から上京を諦めたんです。

東京に行きたいという気持ちを抱えながら、地元で仕事をする生活。

その気持ちを埋めるかの様に、婚活や飲み会に必死に参加し、結婚を意識する彼ができるもののまさかの破局・・・。

何をやっても上手くいかない自分を見つめ直した時に、ようやく、

「東京に出て、地元では見られない世界を見てみたかったんだ」

という気持ちに蓋をしていた事に気がついたんです。

私が本当に上京に向けて動いたのは、初めに“上京したい”と思った27歳から1年半後の29歳のとき。

そんな経験を経て思うこと。

それは、「自分の直感を大切にして欲しい」。

一度湧き上がった気持ちに蓋をしても、何かのきっかけで、また同じ気持ちが蘇ってきます。

それを無視すると、違う事でその欲求を埋めようとします。でもそれは、本当に欲しいものではないから本当の意味で自分を満たしてはくれません。

もしあなたが今、「本当は上京したい」「本当はこんな夢にチャレンジしたい」と思っている心があるなら、その直感を是非大切にしてあげてください。

まとめ

アラサーになってからの地方からの上京は、進学、就職などのタイミンがある20代前半に比べ、ハードルを高く感じてしまいます。

そんなときは一度こんなことを想像してみましょう。

・自分の気持ちに蓋をして、現状維持を決めた1年後、あなたは何をしていますか?どんな気持ちですか?
・逆に、1歩踏み出したあなたは1年後何をしていますか?どんな気持ちで毎日を過ごしていますか?

きっとそこでイメージ出来る未来のあなたの姿が答えなんだと思います。

1年後、後悔のないあなたでいられますように。

次回は、アラサーからの上京へのハードルを下げる具体的な方法をお伝えしていきますね♡










https://www.facebook.com/jyoshitoku01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

宮前理恵。起業コンサルタント。 料理教室、スキンケア、ダイエット、パートナーシップなど、女性の心と体の「美・健康」の分野で、起業を志す女性に向けて、商品つくり、集客の個別コンサルティングを行っている。